「女性の活躍」や「働き方改革」が叫ばれて久しい世の中だが女性は働きやすいと実感できるようになってきているのだろうか。ご存知のように「保育園問題」など女性の社会進出にはまだまだ壁がある。がしかし、理想を持たなければ社会は変わらない。働く女性はワークライフスタイルにどんな理想を持っているのだろうか。
そんな働く女性の理想像が浮かんでくる調査があるので紹介したい。リブ(東京)はキャリアを積んで来た女性298人を対象に『2016年、女性の働き方と理想像』という調査を行った。

調査によると「どのような特徴を持った企業が女性活躍に成功すると思うか」について質問したところ、「

メイクは「ナチュラル」、ヘアは「ミディアムボブ」、年収600万以上で人事などのバックオフィス職(正社員)が理想ということが浮かび上がった。

チャレンジしたいことは「英語」や「マネジメントスキル習得」。また「女性活躍に成功する要素を持っている企業」はという質問には「資生堂」、「カルビー」「トヨタ自動車」、「ファーストリテイリング」など挙げ、女性の育休制度のみではなく、介護や、男性にも育児参加の機会を与えるような企業が理想と考えた人が多かった。

 

国内の平均年収は400万円台といわれ20〜30代では年収600万超えは僅か2.6%。40代でもそこそこの役職についていないと難しいが、もし奥さんが600万以上稼げれば…。女性のさらなる社会進出を願ってやまないのであった。