なるほどなるほど

夫婦の「意識のズレ」と「家事の不均衡問題」

家事不均衡 料理、洗濯、子供の習い事の送り迎え、新入園・入学の準備、この時期主婦は特に忙しい。神経を逆なでしないよう自分でも家事を手伝っているつもりだったが、場合によってはどうやら家事を余計に増やしてしまっていることも。

男性諸氏のやっているようで実はやっていない家事不均衡や意識のズレについて

続きを読む

住宅ローン、金利の底打ちで固定型にシフト?

住宅ローンこの数年、過去最低を更新してきた住宅ローン。固定型金利が足元で底打ちしつつあるとのことだがこれからどうなるのか。銀行が参考にする長期国債の利回りがここ半年ほどで上昇に転じたことで、金利が低いうちに、現在のローンから借り換えようとする人も増えているとのことだ。

相談を終えた会社員(44)は「4年前に組んだローンを早めに借り換えようと思い、銀行数行を回って試算を頼んでいる」と話す。ローン金利が一段と低下するのを待っていたが、「反対に一部の銀行で上がり始めているため」だ。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00000009-nikkeisty-bus_all&p=1

 

続きを読む

結婚相手の年収は600万円以上? 結婚後はマンション購入?

 

 

結婚相手に求める年収結婚する相手の年収は600万以上で住まいはマンション購入希望?それならプレミアムフライデーで早上がりができて「プレフラなのでシャンパン飲んでま〜す」みたいなことをFacebookに投稿している上場企業に務めているリーマンを見つけないといけないかもしれない。

マンションマーケットが運営する住宅系ニュースサイト「マンションサプリ」にて、20代~40代の未婚女性を対象に結婚相手に求める年収とマイホーム購入の意識調査を行った。

それによると…

続きを読む

止まると失格?ノンストップで東京走破 マラソンGREEN LIGHT RUN TOKYO

 

マラソンは孤独だ。でもちょっとしたゲーム性があったり綺麗な夜景を楽しみながら走れたらはじめてみようかと思うひともいるかもしれない。無数の信号機に捕まらずノンストップで東京を走破するという前代未聞のフルマラソン『GREEN LIGHT RUN TOKYO』をアディダス ジャパンが3月10日に開催した。

ノンストップで走ることが出来るよう、

続きを読む

相席屋が女性限定で無料送迎・深夜送迎バスを本格運行開始

居酒屋相席屋友達作りや恋人作りでたくさんの人との出会いの幅を広げられる婚活応援酒場「相席屋」。2014年に赤羽店のオープン以降、全国に70店舗以上を展開している。すでに利用した人や気になっているひとは少なくないはず。このほど「相席屋」が終電を気にせず出会いを見つけるため女性限定の無料送迎・深夜送迎バスを3月14日(火)より北海道すすきのエリア・大阪エリアで本格運行を開始するようだ。

続きを読む

あきんどなネーミング? うん◯のロゴな大阪 家具屋とは

いったい「何屋さん?」なのかと疑問に思う、このうんちマークのロゴ。このうんちマークはどうやら大阪では多くのマスコミに取り上げられているオシャレな家具屋さん「うんこちゃんの家具屋さん」。

続きを読む

運送会社の人手不足問題。7万人分の残業代未払いとは酷すぎる

<ヤマト>異例の全社調査 7万人対象、未払い残業代

宅配便大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングス(HD)が、全国の配達員(ドライバー)ら約7万人を対象に、未払いの残業代がないか労働実態の調査を始めた。ヤマトでは、インターネット通販の普及に伴う宅配便の急増で人手不足が深刻化しており、サービス残業についても実態を解明し、労働環境の正常化を目指す方針だ。大手企業が未払い残業の常態化を認め、全社的に調査するのは異例。長時間労働と低賃金でドライバー不足が課題の物流業界で具体的な成果への注目が高まっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000006-mai-bus_all

最近、話題の運送会社の人手不足問題。テレビ「カンブリア宮殿」でも運送会社の過酷な現状が伝えられ大きな反響を呼んでいるようだ。

続きを読む

イオナのツイッター、昨日から何が起こった?

iona

イオナ webサイト http://www.iona-intl.com/ 引用

化粧品老舗メーカーのIONA「イオナ」。アラフォー世代ではCMなどでご存知のひとも多いはず。当初、イオナの公式ツイッターにはフォロワーは15人しかいなかったが僅か数日でフォローワーが爆増したという。

いったい何が起きたのか?

続きを読む

2017年住宅ローン金利動向は今後はどうなる?4月以降は?

2017住宅ローン金利4月以降はどうなる?

住宅購入を検討しているひとには気になるのが住宅ローン。現在は比較的ローンが通りやすいと専門家から話を聞いたが、さて、今後4月以降はどうなるのか?
全国763金融機関、17,000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」(Uを運営するWhatzMoneyが独自に3月実行分のローン金利状況を調査し、公開した。

その調査によると…
続きを読む

キャリア女性の理想は年収600万円でバックオフィス職?

「女性の活躍」や「働き方改革」が叫ばれて久しい世の中だが女性は働きやすいと実感できるようになってきているのだろうか。ご存知のように「保育園問題」など女性の社会進出にはまだまだ壁がある。がしかし、理想を持たなければ社会は変わらない。働く女性はワークライフスタイルにどんな理想を持っているのだろうか。
そんな働く女性の理想像が浮かんでくる調査があるので紹介したい。リブ(東京)はキャリアを積んで来た女性298人を対象に『2016年、女性の働き方と理想像』という調査を行った。

調査によると「どのような特徴を持った企業が女性活躍に成功すると思うか」について質問したところ、「

メイクは「ナチュラル」、ヘアは「ミディアムボブ」、年収600万以上で人事などのバックオフィス職(正社員)が理想ということが浮かび上がった。

チャレンジしたいことは「英語」や「マネジメントスキル習得」。また「女性活躍に成功する要素を持っている企業」はという質問には「資生堂」、「カルビー」「トヨタ自動車」、「ファーストリテイリング」など挙げ、女性の育休制度のみではなく、介護や、男性にも育児参加の機会を与えるような企業が理想と考えた人が多かった。

 

国内の平均年収は400万円台といわれ20〜30代では年収600万超えは僅か2.6%。40代でもそこそこの役職についていないと難しいが、もし奥さんが600万以上稼げれば…。女性のさらなる社会進出を願ってやまないのであった。