ブーランジュリー パリゴ出展『パン好きのための、パンの祭典』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ブーランジュリー パリゴ」バゲット.ド.トラディション (1個・281円)

近年、パンは、“こだわりを持ったシェフ”により、進化している。そんなこだわりを持ったシェフ達が一堂に会するイベントで人気の焼き立てパンが楽しめる、パンマニア必見のイベント、パンフェスティバルが3月29日(水)~4月3日(月)新宿ISETANで開催。関西の名店や行列のできる名店、この会場でしか味わえないパンなど、約40店が集結する。


パン好きには絶対に見逃せない企画、「ブーランジュリー パリゴ」安倍竜三シェフと「ボン ヴィボン」児玉圭介シェフのレジェント達、そして今年、“モンディアル デュ パン2017”に出場する期待のホープ、「ヴィロン」松田武司シェフと、さながら世界大会のようなキャスティングに。
そしてシェフが生地を練るところから発酵、焼き上げまでを会場で行うので、正真正銘、焼立て・出来立てを楽しめ、3人のシェフにこだわりやオススメの食べ方など直接聞けるまたとないチャンスだ。


左:松田武司シェフ〈ヴィロン〉クロワッサン 378円(1個)
中:児玉圭介シェフ〈ボン ヴィボン〉ショコラとプルノーのソシソン 519円(1個)
右:安倍竜三シェフ〈ブーランジュリー パリゴ〉バゲット.ド.トラディション 281円(1個)

また、KOBE Boulangerie Club に参加するシェフ達も日替わりで登場する。KOBE
Boulangerie Clubは、神戸のパン文化を盛り上げ、パンを通して暮らしを楽しくする活動のためにブーラジェリーたちが集結。神戸とパンのつながりは古く、1868年の開港をきっかけに、翌年には外国人居留地で経営するパン屋が開店し、パン文化が根付いたといわれる。

期間中は、関西エリアからも「レブレッソ」や「パン ド サンジュ」なども出展し様々な味わいのパンが並ぶ。

会場では出来立ての味わいを特設フードコートで楽しめ、コーヒーはもちろんアルコールなどパンと相性ピッタリのドリンクも用意。新宿にいながら神戸でしか味わえないパンが楽しめる、パンマニアにはたまらないイベントだ。

 


左上:〈レセルバ イベリカ〉ボカディージョ  756円(1個)【各日50点限り】
左下:〈スワン&ライオン〉コールドポークパイ 648円(1個)
右上:〈パンツェロッテリア〉茄子のマルゲリータ 918円(1人前)
※フードコートスペースのみ【 各日80点限り】
右下:〈デメララ ベーカリー〉ダブルバタースコーン 各231円
(プレーン・アールグレイ・ダブルレーズン/1個)
会期:3月29日(水)~4月3日(月)
会場:伊勢丹新宿店本館6階=催物場
営業時間:10:30~20:00(最終日17時終了)

ブーランジュリーパリゴを求めてパンフェスISEPANに

SNSでもご購読できます。