映画初日満足度ランキング 第1位はあの映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活は4月21日、22日公開の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると

第1位は、ディズニーの名作を、『シカゴ』『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、エマ・ワトソン主演で実写映画化した『美女と野獣』。

一位になった『美女と野獣』(94.6点)のコメントは「ベルが優しくてカワイイ。雪合戦のところはアニメと違っていて面白かった。実写だとドレスがキレイで、最後は感動した」(10歳・小学生)、「話が深くて驚いた。ただ実写化しただけでなく、生い立ちが描かれていて、ひとりひとりに感情移入できた。新しい曲もあって、アニメを知っているからこそ、こんなふうに描くのかと楽しめた」(24歳・会社員)、「ストーリーを知らず、子供向けかなと思っていたが、大人は違う目線で考えさせられる映画だと思った。見た目や地位、意見の強さなど、私たちが普段感じていることが表現されている」(35歳・会社員)などの声が上がった。
第2位は、水泳に情熱をもやす高校生たちを描いた京都アニメーション制作の『劇場版 Free! -Timeless Medley- 絆』。第3位は、ドニー・イェンが主演を務めるシリーズの第3弾『イップ・マン 継承』に決定。


1位『美女と野獣』94.6点
2位『劇場版 Free! -Timeless Medley- 絆』93.7点
3位『イップ・マン 継承』92.4点
4位『3月のライオン 後編』91.3点
5位『PARKS パークス』88.3点
6位『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』87.0点
7位『シチリアの恋』86.3点
8位『バーニング・オーシャン』83.9点
9位『スウィート17モンスター』82.9点
(4月22日ぴあ調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。